Result 結果

No108   南2局3順目 西家    ドラ       作者:しおさい

状況:持ち点12,000 トップとの点差20,000 
  1. 七萬11
  2. 八萬14
  3. 九萬8
  4. 九萬23
  5. 一索12
  6. 二索11
  7. 三索19
  8. 三索16
  9. 四索38
  10. 一筒27
  11. 三筒33
  12. 六筒12
  13. 六筒16
  14. 八萬31

ランキングBEST3

45P/271P
38P/271P
35P/271P

問題投稿者の回答

ちょっと考えましたが、持ち点少ない為、立直ツモチートイドラドラハネマン狙いで打4としました。

投稿日:09.09.06
投稿者:しおさい

みんなの回答

さだめだ   09.09.06 23:39

状態からいってカン2筒、ペン7万のリーチが成功するとも思えない。
4索切るならチートイ決め打ちか。
3筒切りで7万引きならリーチ。
1-2索引きなら4索切りでチートイもしくはリャンペコーへ。
1筒引きなら2-5索引きダマでよいので6筒、チートイは見ない。
裏目の5索は6筒落としで、ドラ引きもしくはドラ単ダマを狙う。



ぽっち   09.09.07 15:18

チートイドラドラ本線。遠くにジュンチャンイーペードラドラ見つつ。

岡澤プロ   09.09.08 14:05

南2局とは言え親番を残しています。
加点するということよりも、いかに失点をなくし親を迎えるかがカギになります。
そこでドラの①をはずし、カン②のリーチドラ1やリーチ七対子ドラドラなどの欲張った形を想像せず、平和の1,000点や一盃口の1,300点、七対子の1,600点位を目指し手を軽くしていつでも降りれる態勢をつくりつつ局を進め、スムーズに親を迎えたいと思います。

20,000点差を一気に縮めようと考えるとかえって差が開き、ラス親も点差にものを言わせて軽く蹴られるといったところでしょう(>_<)
ここは打①のドラを切って他家の様子を見てみたいものですね!

しおさいさん、いかがでしょうか??

しおさい   09.09.09 01:06

ありがとうございます。

この局でいかに点差を縮めるかばかりを考えておりました。確かに私自身、焦りすぎて逆に点差がひらいてしまうことがよくあるような気がします・・・
もっと柔軟な考え方もできるよう精進します。

しゅんぴぃ   09.10.25 14:46

>>20,000点差を一気に縮めようと考えるとかえって差が開き、

だが、一気に縮められる可能性は残しておくべきで、ドラの重なりを放棄するのはナンセンス。

ドラが重なった時と、七を引いた時だけ勝負で、2-5引きは場況による。

名前

あなたの回答

コメント