Result 結果

No47   東1局6順目 東家    ドラ       作者:古久根英孝プロ

状況:捨牌状況 東家 西⑨發2②  南家 北9白④一  西家 九西②5中  北家 9發①八九
  1. 二萬18
  2. 三萬19
  3. 四萬58
  4. 六萬5
  5. 七萬10
  6. 八萬11
  7. 四筒12
  8. 五筒5
  9. 六索4
  10. 六索6
  11. 七索29
  12. 七索20
  13. 八索6
  14. 二萬67

ランキングBEST3

85P/270P
58P/270P
49P/270P

問題投稿者の回答

回答理由は来週までのお楽しみ!

投稿日:08.08.28
投稿者:古久根英孝プロ

みんなの回答

ぽっち   08.08.28 18:46

雀頭候補があるこの牌形では雀頭固定より面子固定が優れているケースが多いですが、本問題ですと意味合いが
違うようです。また古久根プロよりせっかくの捨牌の記載というヒントまで与えられているので、それに触れたいと思います。

打四の理由
先ずは、1~2順目に9が切れていることから、58が
山に残っている可能性が高いことは想像がつきます。
次に③⑥の受けですが、これについても②④が切れて
いることからドラまたぎですが、良い受けだと思います。字牌の切り出し及び数牌の切り順からも順子場と
見て③⑥58は他家に固まっていないと思います。

捨て牌を考慮しない場合の打二のデメリット

1.最悪、最終形69の3900にするのはこの手格好  ではもったいない。
2.ドラが⑤のため④の重なりはないに等しい。逆に⑤
  の重なりに対応できるのは唯一の大きなメリット。

捨て牌読みからも手配構成からも上記の理由で打四の一手です。ちなみにどっちも山にいそうなのでダマ満だろうがよほど深い順目でない限りリーチすると思います。

以上、モンドでの古久根プロの捨て牌読みの解説及び打ち筋を参考にさせて頂き返答しました。全然違ってたらスイマセン。。

さだめだスタッフ   08.08.28 18:51

一番手広いのは2万ツモ切りかな?
最終形がタンキが嫌なので内から4万切り。
いざという時に食い仕掛けの可能な面子を選択です。
最大のネックは5筒引きだと思いますが。
他家の捨て牌に早い順目で2筒が2枚、4筒もあるので。
5筒は他家に持たれている可能性が高いのでは?

スタッフ   08.08.28 20:22

高目タンピンイーペーコードラのイーシャンテンです。ここでタンピン確定させるのは四か三ですので内から外に切っていくセオリー通りの打四ですが、六七八が七八九だったら二を切ります。打点と効率を考えるとこの選択肢になりました。ちなみに二か四以外の方がいらっしゃったら是非投稿していただきたいです。

てつかぶと   08.08.29 00:07

開局早々につき打点重視でドラ面子と索子のイーペーコ形を生かすべく、雀頭固定します。

古久根英孝プロ   08.08.31 16:48

RMU(リアル・マージャン・ユニット)の古久根英孝です。よろしくお願いします。
さて、この手牌だけから何を切ると云われても…と思われる方も多いでしょう。そこで実戦的に捨て牌を参考にした何切るとし、私の麻雀観と読みをお伝えできればと思います。

私は、麻雀のアガリ形である4メンツと1雀頭をツモの延長上に考えています。もちろん基本的にということですから、鳴きも考えますし、手材料が少ないときは出アガリも考えます。もっとも大事なのは、序盤で手牌を固定しないことです。各家の捨て牌から山に多く残っている牌を推測し、より良いターツを選択することこそ肝要と考えています。
早いテンパイは有利ですが、必ずしもアガリに近いとはいえません。アガリに近い待ちとは、山に多く残っている牌で待つことと私は思っています。

さて何切るですが、各家の捨て牌はヤオチュウ牌からの切り出しで、字牌もまんべんなく打たれています。
このような状況から、各家がファン牌のトイツや暗刻を持っている可能性は低く、手牌構成もシュンツ系になっていると推測される、シュンツ場の典型といえます。
シュンツ場の傾向はトイツや暗刻ができにくいこと、手牌進行が早いことが特徴です。
二萬切りが手広いのは一目瞭然ですが、以上のことを踏まえると早計ということになります。

そこで関連する部分を掘り下げていきましょう。
まずピンズですが3筒が良いのは間違いありません。5巡目の時点で2筒が2枚、4筒がドラ表示を含めて3枚見えています。3筒が暗刻のケースは?という反論もあると思いますが、シュンツ場の傾向としてその可能性は低いと考えます。
6筒は推測ができないXとなり、可もなく不可もなくですが、このターツ自体はかなり良い部類であると判断します。
打二萬とするなら4筒や5筒は雀頭候補になりますが、シュンツ場の傾向からもトイツになりにくい上に4筒は3枚見え、5筒はXで雀頭に期待する根拠もなく、そもそも5筒がトイツになる確率と3筒6筒ツモのそれは比較になりません。

次はソウズですが、北家が1巡目に、南家が2巡目に9索を捨てています。689や、4689等の形から打たれるケースもありますが、この場合の手牌には、その時点で8索を持っている可能性が低く、上目をカバーする6索か、ターツを持っているケースが多いといえます。ターツなら56の形が一番9索が不要となり、67、45等でも捨てられることが多いといえます。
ですから6、5、7の順で持っている可能性があるということです。
それから西家の4巡目に5索がありますが、早い巡目の5切りは裏スジが濃厚です。23、78のどちらか、あるいは両方のターツがある可能性がありますが、確率上23の可能性が高いと判断していいでしょう。
以上でソウズは良い順に8、5と9が同等、7、6となります。

これらのことを総合すると関連牌では3筒6筒ツモの可能性が高いでしょう。
そこで打二萬とすると、
二三四六七八③④⑤66778
から打7索の6索9索待ちになる可能性が高くなると考えられます。もう一手手替わりしても2枚使いのリャンメンになるので良いとはいえません。

私の一打は四萬です。
36筒待ちになるのが最良と考えますので、ソウズの679をツモるのか、58をツモるのかが焦点になります。
傾向で67は引かず、9と58の比較になりますから雀頭固定しておく方が36筒待ちになる可能性が高くなります。
ツモ3筒6筒ならダマテン。ツモ5索8索ならリーチとします。
また、ツモ8索でマンガンだからといってダマテンにすることはありません。
なぜなら冒頭で述べたようにアガリをツモの延長上に考えているからで、36筒待ちは絶好の待ちと思うからです。たとえその局にアガれなくてもファームとしてそう打つべきと考えているからです。

梶田スタッフ   08.09.02 17:50

捨て牌から推測すると、色的に筒子はアガれる色っぽいし、9索が初期から捨ててある事は8索がヤマに生きていそうなので索子もこのまま。手を付けるとすれば萬子というわけで消去法みたいな感じで打四萬とします。

が、もし・・・きっと同じ牌姿・状況でもツモ四萬だったら即打二萬としてしまうと思います。ツモに従った結果の打四萬といった答えのほうが自分の感覚には合ってると思いました。

4mかな   08.12.08 02:35

僕はこの手牌からなら4mをきります。まあ、3mでもあんま変わんないけど。ここでの方針は頭固定がいいです。
ただし2mをツモ切ってもいいパターンもあります。それはメンツ重視をすべき場合です。ほかの部分にピアノ(23456みたいなメンツ+リャンメンの形)、もしくは(12234)みたいな形のあるときです。この場合だったらリャンメンが先に埋まってもノベタンでリーチが打てるからです。それ以外のときは、余剰牌1個+頭+リャンメン+リャンメンでうけるのがよい、と思います。

名前

あなたの回答

コメント